2017年8月6日日曜日POCHIライブ

久しぶりのS.F.bigbandのポチライブということで、たくさんの皆様にライブハウスPochiにお越しいただき本当にありがとうございました。
本来ならお越しになられた1人1人の皆様にお礼の言葉を言うところではありますが、どうかご容赦ください。
お陰様で、満員御礼賑やかで楽しいひと時となりました。
2~3年ぶりにPOCHIライブということで今回、気持ちも新たにもっとビッグバンド演奏をやっていこう…というバンドとしてもいいきっかけとなるライブになりました。
お聞き苦しいところもありましたが、今後もS.F.Bigbandよろしくお願いします。m(_ _)m

2017年5月14日(日) 第5回盲導犬育成チャリティーコンサート&神戸女子大学ローズフェスティバル参加

https://www.facebook.com/profile.php?id=100015488689031

10月2日(日)第11回TacoTacoJazz Festival 12時30分開場 13時開演

S.F.BIG BAND写真

2016年1月17日(日)15時~ クアットロ・アレグリ 淡路島 民宿「西田荘」 Zakkury音楽会Zakkury音楽会にクアットロアレグリは招いていただき、心温まる子供たち、お母さんの大歓迎を受けてメンバー一同感激して帰ってきました。

美味しいお食事とゆったりとした時間の中でZakkuryの会のお母さんと普段はなかなかできない話もたくさんすることができ、また音楽会では、子供たちも楽しくダンスをしてくれたりと、私たちにとっても、とても楽しいひと時となりました。 
またの機会に、是非演奏でお返したいです


  今回、音楽会を企画された「Zakkury」のみなさまには、心よりお礼を申し上げます。

手作りのポスター、飾り付けがとても素敵でした!                                                                              

�シングシング
�生まれてはじめて
�勇気100%
�妖怪ウオッチ
�クイズ…メリーさん羊
�どんぐりコロコロ
�童謡メドレー
�世界に一つだけの花
�情熱大陸  
�A-train
�聖者の行進
ANC
�故郷
�フライミー(CMで使ってる
�アンパンマンのマーチ
�ハッピーバースデー

12月6日は、S.F.BIGBANDさんの忘年会でした。

初めてイマジンにお越し下さるメンバーの方も多数いらっしやいましたが、皆さんとても気さくで、最高の演奏&歌をお聞かせ下さいました。

セッションタイムでも、大変盛り上がり、沢山の曲をご披露して下さいました。

...

そして、最後にセッションタイムでシェフもご一緒させて頂きました。有難うございました。

またのお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

お写真が多いですが、アップさせて頂きます。
今後とも、よろしくお願い致します。

最後に、S.F.BIGBANDリーダーの、藤原祥二さんのライブが、12月10日と、20日にございます。
こちらも、素敵なライブです。よろしくお願い致します。

9月20日(日)第17回S.F.BIGBANDサテンドールライブ
万灯祭など各地では、ジャズイベントが数々ある中からS.F.BIGBANDサテンドールライブを選んでお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
お陰さまで会場は、満員で、和やかな雰囲気の中ライブを終えることができました。
結成は18年が経過して、メンバーも若い人から・・・そうでない人(笑)と幅も出てきましたが、いい意味で世代も変わっていくことも自然に進んでいるようです。
今回は、ギターにPOCHIビッグバンドの西村浩一さんはじめ、S.F.BIGBANDのOBテナー多田功、川口順治を迎えてアグレッシブな演奏ができたことに大変うれしく思っております。...
この場をお借りして、お越しいただいた皆様、エキストラの皆さん、お店のスタッフの方々に感謝とお礼を申し上げます。

5月17日(日)神戸まつり~Vo岡部めぐみ出演

 

5月17日(日) 音楽ではしやすめ~淡路SAジャズコンサート FaceBookアルバムへ

2015年5月17日(日)淡路サービスエリア 本土では、神戸まつり・・・というイベントが開催されてますが、淡路島では淡路SAで休憩されたお客さんへのサービスイベントととして「はいやすめイベント」が開催されました。 地元淡路島のサーズデーナイトジャズオーケスの他S.F.BIG BANDも参加しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年12月7日(日)第16回サテンドール神戸定期ライブ

12月7日(日)サテンドール神戸でS.F.BIG
BANDのライブがありました。
多くのお客様にお越しいただきありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。

2014年11月21日(金)神戸メリケンパークオリエンタルホテル 港’s

神戸の夜景は最高!! メリケンパークオリエンタルホテルのビッグバンドジャズナイトは、最高のスチエーションでした。 14階の最上階のラウンジ「港’S」でこの11月金曜日はビッグバンドナイトということで、神戸の夜景をバックに、モザイク観覧車のライトが素晴らしいキラキラする中で演奏してきました。

第一部
① I LEFT MY HEART IN SAN FRANCISCO ② SATIN DOLL  ③ WHEN YOUR SMILE
⑤ `S Wonderfull(VO)   ⑥ Georgia On My Mind(VO)  ⑦ I’m Beginning To See The Light(VO) ⑧ WHITE CHRISTMAS  ⑨ US ⑩ MOONLIGHT SERENADE(エンディングテーマ)

第二部
⑪ AUTMN LEAVES ⑫ WIND MACHINE ⑬ MILES TONESモード、 ⑭ Lulla By Of Birdland(VO)  ⑮ The Christmas Song(VO) ⑯ Don’t Get Around Much Anymore(VO) ⑰ A NIGHT IN TUNISIA   ⑱ SIDEWINDER  ⑲ C JAM BLUES(エンディングテーマ)

 

2014年8月23日(土)POCHIライブ

 

年に1回のライブハウスPOCHIライブが無事に終わりました。                      

40人以上のお客様にお越しいただきありがとうございました。 ベイシーの「ウインドマシーン」ではじめり、最後はルイベルソンの「where did you go」で終わりました。

                                                アンコールもいただいてとても楽しいライブになりました。

 

                                        1ステージのメンバー紹介後、Tp石川貴資の還暦祝いを会場の皆さんとしました。
                                          喜んでくれた様子で、お陰さまでライブも大変盛り上がりました。

 

                                                       BassTrombone 足立耕一郎

 

                                                                             Tp北橋義隆&宮田美佳

 

 

2012年6月3日(日)第32回NABL(西日本アマチュアビッグバンド連絡会)コンサート

ことし初めて非会員でありながら、この名誉と歴史あるコンサートに連絡会の好意により出演させていただきました。

10年ほど前から神戸ハーバーサーカス会場でのコンサートが定着して、年々お客さんの数が増えてきてます。

S.F.BIGBANDは13時すぎからの本番で1.「Deracinated Fower」 2.「Whisper Not」 3.「God Bless The Child」 4.「Night&Day」を演奏しました。(S.F.BIGBAND演奏写真)

この会の趣旨は、会員バンドの演奏レベル向上と、会員バンド同士の親睦が目的で、今年も守屋純子さんのビッグバンドクリニックとエリックミヤシロさんのTpクリニックがありました。

コンサート終了後は恒例の親睦会を兼ねた2次会が盛大に開催されました。

2012年1月28日(土)ライブ&レストランPOCHI ライブ

1月28日(土)明石のライブ&レストラン「POCHI」でのS.F.BIG BANDのライブが満員で無事終了しました。
このたぶいのポチライブにお越しいただいた皆様には、この場を借りてお礼申し上げます。 ありがとうございました。
私個人的には、チーム「ぐりーんぐらす」さんや、たこライブファンさん、高校の後輩さん、チーム「FUNFULLセッション」さん、ありがとうございました。
ゲストヴォーカルには、同じ明石で活動している「ツインクルジャズオーケストラ」の赤木まやさんをお迎えして、楽しい雰囲気でライブができました。
終わってから会場を移して、上り最終電車ギリギリまで1時間半ほどでしたが本番終えて楽しくみんなで語らう時間がこれもまた楽しかったです!!

2011年11月6日(日)「みんなのまつり2011」天候 曇りのち雨 
「S.F.BIG BANDは、午前9時に集合のち、会場準備に取り掛かりました。「みんなのまつり」は今年で35年目を迎えますが、S.F.BIG BANDも結成以来14回参加しており、年間の参加イベントの中で最も大切な活動がこの「みんなのまつり」です。
今年も子供さんからお年寄りの方まで多くの地域の方々に楽しんでいただけるようにいろんなアトラクションや展示、サークル発表、コンサートなど各会場で行われ、午後から雨のという天候の悪い中にもかかわらず1500人のお客さんにお越しいただきました。
また、泉明石市長も駆けつけて「あいさつ」後、各会場をごらんになってました。
その中でも特にS.F.BIG BANDが出演しました、「生バンドで社交ダンス体験コーナー」と屋外の「青空ステージ」について報告いたします。
S.F.BIG BANDは、まず、11時からの「生バンドで社交ダンス体験」に出演し、社交ダンスサークルのメンバーが、指導役となり、伴奏をS.F.BIG BANDが担当しました。
「これから社交ダンスを始めたい!」という方が生涯学習の1つとしてより多くの方に社交ダンスに興味を持っていただく目的で企画されました。参加者の皆さんは、われわれが演奏する「チャチャチャ」「ルンバ」「サンバ」「タンゴ」「ワルツ」などに合わせて楽しく、華麗に踊っていただきました。
午後13時からの屋外「青空ステージ」では明石で活動しているビッグバンド3団体が小雨の降る中、演奏しました。
はじめは2007年のこの「みんなのまつり」で「高校生にビッグバンドを体験させてやろう!」という企画から公募で誕生した、JAZZ PARTY BIG BAND(地元高校生ビッグバンド)の演奏で、結成当初から我がS.F.BIG BANDメンバーがサポートし、「ジャズ愛好家の若手育成」という立場からその役割りの一端を担ってきました。
とても元気のある演奏で、「ルパン3世のテーマ」「IT’S ALL WITH ME」などお客さんから沢山の拍手を頂いておりました。
次は、S.F.BIG BANDの演奏でこのときから小雨となり、ピアノにビニールを掛けながら演奏を強行しました。
1.「NICA’S DREAM」2.「酒とバラの日々」3.「DARN THAT DREAM」4.「ST.THOMAS」と演奏したところで、雨足が強くなり残念ながら演奏予定曲を残して終了しましたが、雨の中聞いていただいたお客様にはS.F.BIG BANDの演奏で和んでいただけたと思っております。
そして締めを飾ったのが、明石の老舗バンド・メイトジャズオーケストラの演奏で貫禄たっぷり、大人のムードたっぷりのビッグバンドのお手本となるステージでした。
最後になりましたがS.F.BIG BANDは日頃より、演奏スタイルとして「勢い」というものを生命線とし、アグレッシブルな演奏かつ、「アンサンブルの楽しさ」を大切にしながら演奏に望んでおります。
また活動のもう1つの目的は、上記のJAZZ PARTY BIG BANDのような、若手育成などと、この明石地域のジャズ及びジャズファンの裾野を広げる意味で地域ジャズ、音楽イベントなどには積極的に参加することです。そういう意味で、この「みんなのまつり2011」に参加できたことに感謝しております。

6月26日(日) ライブレストラン「POCHI」チャリティーライブ

S.F.BIG BANDにとってはサテンドール前の仕上げのライブとなり、その意味でも有意義な楽しいライブとなりました。このライブはライブハウスポチさんの協力もあり、お客さんは1000円のドリンク券を購入し、その1000円が全額義援金になるというシステムでした。そして今回は対バンでポチビッグバンドをチャリティーライブをともにすることになりました。

この日は昼に神戸文化ホールのステージを終えて、そのままポチに入るのも時間があったのでスガナミ楽器でお部屋をレンタルして16時からサックスパートは練習しました。連取終わりの18時には完全に疲れきって、簡単に食事をしたのですが、そのせいもあり眠たくなってきたんです。

でも対バンのポチビッグバンドの演奏が始まるとだんだん気合が入ってきて本番前には、「演奏スイッチはON!」になりました。

演奏曲目1.Basie  2.God Bless the Child 3.I'm yours 4.Mean What You Say  5.Nica's Dream  6..Darn that Dream  7.Night Flight 8.High Five

楽しいライブでS.F.BIG BANDらしい迫力満点でサックスは全然聞こえてないのでしょうね!!

お越しいただいた皆様本当にありがとうございました。

 

6月26日(日) コープ住宅研修会 神戸文化中ホール演奏                朝9時に文化ホールに到着!まずは、駅から歩いてきたので汗まみれでカッターシャツがぼたぼたで楽屋に入るなりハンガーにつるして外に干しました!!  

主催者の方、ステージの方にも挨拶済まして、嬉しい)ことに音響は「KISS」さんでした。(熱心にマイクチャックなどしていただいたので安心して演奏できました!)

前日にヴォーカルがノロウィルスになり、予定していた演奏プログラムを急遽変更して、KISSさんと打ち合わせでした。

12時からお昼の時間でコープさんのお弁当が出ました!!これがすごくバランスのよい弁当でボリュームよりの内容の豊富さがいいですね。(おはぎまで入ってるんです!!)  さて13時10分いよいよ本番です。

演奏曲目は1.ST THOMAS(角ケン) 2.In A Melow Tone(ベイシー) 3.酒とバラの日々(テッドヒース) 4.イパネマの娘 5.God Bless The Child(ネスティコ) 6.I’m yours  7.ルパン3世(角ケン) 8.乾杯(長渕剛) 9.川の流れのように(美空ひばり)

普段、あまりジャズを聴かれない方々にどうジャズを伝えるか?考えてMCをしました。難しい話をすると飽きられてしまうので簡単にジャズの歴史や日本のジャズ発祥地「神戸」についてなど解説を入れながら、最後は、日本のビッグバンドの歴史は歌謡界が礎を築いてきたなどはなして、川に流れのようにを演奏して終演を迎えました。

ホールコンサートの良さを改めて感じながら「来年は結成15周年か・・・ホールもいいなぁ~」と本気で思いました。

お世話いただいた柿野工務店社長様、コープ住宅山内様ありがとうございました。メンバーを代表いたしましてお礼申し上げます。

6月25日(土)  Dr笹倉あゆみ 送別会  酔虎伝→はたぼやに変更

長年S.F.BIG BANDのドラマーとして活躍してくれた笹倉君が倉敷に行くことになりささやかですが、メンバー7人で送別会をしました。

酔虎伝でやる予定が満員で、隣のはたごやに行くと「15分で席を用意します」と宣言したので決めました。

はたごや・・・大変上品な料理を出すお店でした!

2002年よりドラマーとして2007年にはS.F.BIG BAND10周年では幹事としてメンバーの先頭に立って10周年を盛り上げてくれ、無事成功させてくれました。感謝!感謝!

今度は15周年で必ず会いましょう!!

2010年11月7日(日)「みんなのまつり2010」明石生涯学習センター分室 サークル連盟主催 場所 明石公園・生涯学習センター分室

最新映像11月7日(日)みんなのまつり版 1.「Get It On」2.「Darn That Dream

年1回の分室登録サークルのお祭りです。この祭りで各サークルが日ごろの練習の成果を市民の皆様に発表し楽しんでもらうお祭りです。S.F.BIGBANDの演奏は、11時からの社交ダンスパーティーと14時30分からの青空ステージでした。

演奏曲は1.インナ メロー トーン2.Mean what you say3.ダーンザットドリーム4.ベイシー5.Get it on

コンマス 江口のソロ「Mean What You Say」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンドリーダー藤原の「Darn That Dream」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年10月3日(日)TACOTACOジャズフェスティバル2010

今年で5回目を迎えるTACOTACOジャズフェスティバルですが、どしゃぶり雨の中無事最後までコンサートを終えることができました。天候が悪い中、お越しいただいた皆様に感謝します。

各バンド25分の持ち時間のなかで、S.F.BIGBANDは1.ベイシー2.Mean what you say3.ダーンザットドリーム4.ナイトフライトを演奏しました。

演奏の様子は写真をご覧ください!→TACOTACOジャズフェスティバル・アルバム

2010年8月8日(日)第12回サテンドール神戸定期ライブ

先日S.F.BIGBAND毎年恒例のサテンドールライブが開催され大盛況で終了しました。たくさんの皆様にお越しいただき本当にありがとうございました。

演奏曲目と写真を見ながら振り返りたいと思います。

まずは、当日のプログラムです。

 

2010年4月17日(土)ライブハウス「POCHI」ライブ 

 ※最新映像4月17日ポチライブ版 1.「スイングしなけりゃ意味がない!」2.「ダニーボーイ」3.「ルート66」4.「April In Paris                  
SFビッグバンド、満員御礼!
さる4/17(土)、地元明石の実力派社会人ビッグバンド、SFビッグバンドが出演いたしました。
なんとポチ2回目の満員御礼!
せっかくお越しいただいたのに入れなかったお客様、誠に申し訳ございませんでした。
土曜日はご予約いただいた方が私共も安心です…

それにしても明石の近郊のお客様の音楽への関心の高さはすごいですね。
やはりエンターテイメントとして素晴らしいです!ビッグバンドって!
エキサイティングで、パワフルで、ナイーブで、涙あり、感動あり、笑いあり…(笑)
お客様も大満足の一夜だったでしょう。
ご来店いただいた皆様、誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。
(POCHI ニュースより)
ライブハウス「POCHI」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年3月6日(土)たこたこライブ「シーフード浦活」

3月6日土曜日はS.F.BIGBANDが月1回開催される明石の名ジャズライブ「たこたこライブ」に出演いたしました。
この場をお借りしてお越しいただいた皆様にはお礼を申し上げます。 今後ともS.F.BIGBANDをどうぞよろしくお願いいたします。
たこたこライブがたこフェリー乗り場の「新浜」から場所を明石市役所2階レストラン「シーフード浦活」に移転してからちょうど1年になる節目にS.F.BIGBANDが「往年のビッグバンドの名曲を」をテーマにして今回のたこライブをライブ135代表薮内氏のプロディースで開催となりました。
ライブ当日までどれだけのお客様に来てもらえるかちょっと不安でしたが、メンバーもチラシで案内してくれた様子で当日はほぼ満員で、席が無くて帰られたお客さんもあったようです。
お帰りになったお客様には大変申し訳ないことになり、この場を借りてお詫びいたします。 次回からは是非予約をお願いいたします。

ライブの内容についてはディークエリントンの「ATrain」で始まり、グレンミラーの名曲、ベニーグッドマンの名曲をクラリネットゲスト冨家良平さんを迎えて演奏し、ウディーハーマン「FOUR BROTHERS」もやっちゃいました!!
最後は、カウントベイシーの「Basie」で締めて、アンコールはおなじみ「April In Paris」を演奏しコンサートは大盛況で終演いたしました。

 

 

 

 

 

プログラム   曲順 タイトル 1部 1 デュークエリントン  1899~1974  1927コットンクラブ Take The Atrain

2 グレンミラー  1904~1944  1937バンド結成ケッセイ   In The Mood 3 Chattanooga choo choo

4 Moonlight Serenade

5 トミードーシー  1905~1956  '30~'40ピーク I'm Sentimental Over You

6 ベニ―グッドマン  1909~1938  例レイ1938カーネギーホールライブ Memory's Of You  

7 Let's Dance

8 Don't Be That Way 9 Sing Sing Sing 

9 Sing Sing Sing

 

2部

1 ウディーハーマン
 1913~1987
 1947~第ダイ2期キ
 フォーブラは1947
Four Brothers

2 ハリージェームス
  1916~1983
  スリーピー・・は1955 Sleepy Lagoon

3 ヴォーカル ジョージア オン マイ マインド
4 It Don't Mean A Thing
5
Sentimental Journy
6 All Of Me
7   Samanth
8 That warm feeling
9 Basie
   
Anc
April In Paris

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年10月18日(日)兵庫県立光風病院「あいアイまつり」
10月18日はいろいろ行事が重なるものでメンバー内にも私を含めて重なってしまい参加できませんでした。
明石公園では「どんとこいまつり」が開催され、三田では某老舗ビッグバンドの合宿と行事がある中、今回は兵庫県立光風病院で開催される「あいアイまつり」に参加してきました。
日曜朝は機材の積み込みから始まり、江口号と竹田号でPAセット、ベースアンプ、ギターアンプ、ドラムセットを乗せて、神戸市北区谷上の病院を目指ざす。
この「あいアイまつり」は、病院が地元の方々と交流の機会を持ち、地域の皆さんに楽しいもらうことで親交を深めていきたいということで開催されたそうです。
S.F.BIG BANDの演奏は予定では14時15分からでしたが14時50分からに押したそうでしたがお越しいただいた皆さんには楽しんでもらえたそうです。

メンバーの皆さんお疲れ様でした!

勝手な想像でレポートしました。

2009月23日(祝)ときの町の小さな音楽会スペシャル!!
宮崎隆睦 with S.F.BIG BAND

2009年10月18日(日)兵庫県立光風病院「あいアイまつり」
10月18日はいろいろ行事が重なるものでメンバー内にも私を含めて重なってしまい参加できませんでした。
明石公園では「どんとこいまつり」が開催され、三田では某老舗ビッグバンドの合宿と行事がある中、今回は兵庫県立光風病院で開催される「あいアイまつり」に参加してきました。
日曜朝は機材の積み込みから始まり、江口号と竹田号でPAセット、ベースアンプ、ギターアンプ、ドラムセットを乗せて、神戸市北区谷上の病院を目指ざす。
この「あいアイまつり」は、病院が地元の方々と交流の機会を持ち、地域の皆さんに楽しいもらうことで親交を深めていきたいということで開催されたそうです。
S.F.BIG BANDの演奏は予定では14時15分からでしたが14時50分からに押したそうでしたがお越しいただいた皆さんには楽しんでもらえたそうです。

メンバーの皆さんお疲れ様でした!

勝手な想像でレポートしました。

9月23日(祝)ときの町の小さな音楽会スペシャル!!
宮崎隆睦 with S.F.BIG BAND

TACO TACOジャズフェスティバル2009が無事16時10分に終了し、そのまま18時からのときの町の小さな音楽会スペシャル!!のリハーサルが16時25分から宮崎隆睦とS.F.BIG BANDの間で始まった。

「ときの町の小さな音楽会スペシャル」とは、毎月1回開催されている明石市生涯学習センターが主催するフロアーコンサート「ときの町の小さな音楽会」のスペシャル版である。
今回は、TACO TACOジャズフェスティバル実行委員会と共催することで宮崎隆睦のコンサートが明石の地で実現しました。
このコンサートで共演するビックバンドにわれわれS.F.BIG BANDが決まりましたが、これもTACO TACOジャズフェスティバルの実行委員を兼ねているメンバーが多かったことが幸いしました(笑)。
また、今回のコンサートでは宮崎隆睦さん以外にもtb五島健史さん、cl富家、vo正木麻衣子さんとの共演ができてS.F.BIG BANDにとっては2重の喜びとなりました。

結成12年で明石の皆さんに宮崎隆睦さんはじめ、五島さん、富家さん、正木さんのプロのゲストの方々との共演の姿を見てもらえることがバンドとしてたいへん嬉しいことであり、また名誉なことであると考えております。

開演直前!

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサートの内容は・・・・

ホールには約300人のお客さんで満員となりました。

午後18時開演でスタート!
宮崎隆睦さんの演奏の前にTACO TACOジャズフェスティバルのゲストプレイヤーの方々との演奏で1曲目に富家さんと「メモリーズ オブ ユー」、そして2曲目に正木さんとあの笠木シズコさんの「買い物ブギ」、3曲目に五島さんと「I‘m getting sentimental over you」を演奏させていただきました。

 そして宮崎隆睦さんの登場の1曲目はT-スクエアーの「Truth」!!
2曲目はメイトジャズオーケストラによく演奏した「Samantha」!
3曲目はアントニオカルロスジョビン「No More Blues」!
4曲目が宮崎さんも初めて、S.F.BIG
BANDも初めてのフィルウッズがキャノンボールアダレイを偲んで作曲した「Julian」!
最後は、T-スクエアーでもよくアンコールにもなった「マジック」!!
すべてカッコよかった!!
曲の合間には宮崎さんのMCも入り、終始和やかな雰囲気のコンサートとなり終了後は、みんなで打ち上げに行きました。
打上げ場所にはS.F.BIG
BANDの隣の座敷にメイトジャズオーケストラも打上げやっていて、宮崎さんは行ったり来たり、最後はS.F.BIG
BANDとメイトジャズオーケストラメンバーが入り乱れてました(笑)

 

2009年5月24日(日)クワットロ・アレグリ徳島遠征 無事終了!

昨年12月にS.F.BIGBANDの活動資金を稼ぐ目的でS.F.BIGBANDサックスセクションで立ち上げたサックスアンサンブル「クワットロ・アレグリ」(イタリア語で「陽気な4人組」)ですが、とうとう徳島県へ行ってまいりました。                                        徳島県は眉山の西方にあるお寺「光蔵寺」の本堂リニューアル10周年法要の奉納演奏にいってきました。        こちらを10時に出発し車で1時間半ほどでお寺に着き、お寺の皆さんから本当に暖かく迎え入れていただきメンバー全員お世話になりました。  演奏は13時からでしたのでしばらく、お弁当やお茶をいただいて寛いだ後、楽器を出して準備に取り掛かる。  その間ずーっと「ホー、ホケキョ」が聞こえる! 4方を森林で囲まれており、自然の中での演奏にメンバーはちょっと興奮気味でしたかね??

本堂での準備も整いましたが、神様にお尻を向けての演奏が唯一心苦しい気持ちはありましたがこれもおめでたいことですので許していただくことにしましょう!  演奏はアメリカンパトロールではじまり、40分ほどの演奏でアンコールも頂「見上げてごらん夜の星を」を演奏させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで天候にも恵まれ、予報ではあまり良くないようでしたが最後まで雨が降ることなく無事奉納演奏を終えることができました。

帰りにメンバーで「阿波踊り会館」と「眉山」にいってきました。阿波踊り会館ではバリトン中谷が見事に阿波踊りで表彰状をいただきましたよ!

 

2009年2月15日(日)明石サークル連絡協議会創立20周年記念祭          アスピア9階ホール 10:00~

明石市生涯学習センター9階ホールで開催された明石サークル連絡協議会20周年記念祭に明石市生涯学習センター分室の67サークルの代表で出演してきました。

20分と言う限られた時間でS.F.BIG BANDのバンドカラーをどのように表現できるか?ということが大切でしたが演奏会用に演奏する曲で充分S.F.BIG BANDの良さ、醍醐味が伝わればOKでしたので選曲はまさにビッグバンドにぴったりの①「ナイトフライト」②「WAVE」③「ラ・フェスタ」の3曲になりました。

パーティのような営業ではないのでこの場に及んで、演歌やアニメ曲をやる必要はありません。

個人的には今回の反省を生かして次回までには修正しなければいけない箇所がありますので、自身でできる限り練習してコンマスのキャッチフレーズ「本物志向」を今後も大切にしていきたいですね。

「響き」をよく考えられたホールでPA設備、ソロマイクもなしで演奏が楽しめました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近々演奏がアップされますのでご期待ください。

2008年11月9日(日)みんなのまつり2008

 

手作りのステージです

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴォーカル  ミッチェルです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2008年10月13日(祝)TACOTACOジャズフェスティバル2008

今年で3回目を迎えるTACOTACOジャズフェスティバルは明石公園での昼間開催となりました。過去2回だけですがまだ1回も同じ場所でやっていない・・・。                   まだまだ未成熟の状態で回を重ねればきっと安定した音楽イベントになり、将来は明石の秋の風物詩になる事間違いない。今年は私が実行委員会の長を勤めましたが実行委員の皆さんが知恵を出してボランティアの皆さん含めてよく働いてくれましたので、今できる最高のTACOTACOジャズフェスティバルになったと思います。出演者のバンドの皆さんも演奏だけでなく準備と片づけ本当にお疲れ様でした。

そのフェスティバルの様子は、予定の11時にツインクルさんの演奏で始まりました。

出演バンドは次の通りです

11:00 Twinkle Jazz Orchestra             11:40 川重明石Jazz Band                12:20 ブルーサウンズ135°               13:00 EVERGREEN JAZZ ORCHESTRA            13:55 TACO TACOジュニアビッグバンド       14:35 メイトジャズオーケストラ                                    15:20 S.F.BIG BAND

 

 

トラブル1.JRが不通になりメンバーの到着に黄色信号!

いろいろありながら12時からのS.F.BIG BANDと宮崎隆睦さんとのリハ-サルが気になる。3曲あわせましたがどれを聞いても音・フレーズが素晴らしい!プロの人の生音はすごい!!

本番演奏は、私の指揮の失敗で迷惑を掛けてしまいました。

 

 

 

 

tp石川・江口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッチェルです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲスト宮崎さんとの共演

 

出演バンドの皆さんが大いに楽しんでくれたし、大勢のお客さんにも喜んでもらえたのでまた来年に繋がれば私としては満足しております。

最後に本フェスティバルに協賛、寄付をいただいた皆様にお礼を申し上げるとともに今後も明石の音楽イベント開催にご理解いただき、ご支援を賜りますようお願いいたします。

2008年7月26日(土)サテンドール打上げ&石川貴資送別会 At ジャカランダ

そのまま西明石のライブハウス「ジャカランダ」を貸切って、サテンドールの打上げと石川貴資が徳島に転勤になりましたのでみんなで宴会をしました。

料理には、ライブハウスでは絶対出てこない魚の棚「松庄」直送の「天然鯛と太刀魚」のお造りが出ました。

さて打上げの内容といえば・・・18時35分にみんなで生ビールで乾杯!

サテンドールのDVDを見ながらみんなで和やかな話をしながらバンドの演奏の内容や今後の活動について語りあいました。

メンバーでドラムとピアノの結婚のお祝いをケーキカットで祝福しました(写真が1部心霊写真のようになっていますがちゃんと足はあります(笑))。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてコンマス石川の徳島への単身赴任で送別会でしたが、ちょうど5?歳の誕生日とも重なりメンバーで誕生日を祝いました。

 

ケーキはいずれもお店の手作りケーキでした。(おいしいケーキをありがとう!)

最後はS.F,BIG BANDの演奏で締めくくり、「in a mellow tone」「nearness of you」「on a slow boat to china」コンマス石川の18番「マッカーサーパーク」を演奏する。

2008年7月26日(土)明石市立和坂小学校校区連合協議会主催「納涼祭り」16時30分~

夏の太陽が照りつける灼熱の中、頑張って演奏したメンバーそして会場で最後まで演奏を楽しみにお越しいただいたお客様には感謝いたします。私の子供が通う学校でこのようなイベントにお招きいただき主催の皆様にもお礼を申し上げます。

1.ルパン三世のテーマ  子供も良く知っているのでオープニングにしました。結構演奏していても楽しく、ベストテンポだったように思いますよ。演奏中から汗が噴出してくる(笑)

2.いそしぎ  1965年の作品の映画主題歌で、事前に司会者の方が調べられていたのでありがたかったです。

3.マンボNO.5 

4.ON A SLOW BOAT TO CHINA S.F.BIG BANDのヴォーカリスト・・ミュッチェルの登場です。

5.Just the way you are

6.ラ・フェスタ

7.川の流れのように  皆さんとご一緒に川の流れのようにを歌いました。

地域のお手伝いをされている皆様からは、カレーライス、ビールなどもご馳走になりお世話になりました。

春先より声を掛けていただいた私と同じ自治会で会長をされている入江さんにも感謝いたします。

また機会がありましたらお声をお掛け下さい。

2008年6月15日(日)第10回サテンドール神戸定期コンサート

2008年4月6日(日)淡路島ミュージックジャンボリー ゲスト打ち上げ編

神戸市垂水区狩口台レストラン「セラフ」にてエリック宮城さんとTステエアー宮崎隆睦さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツーショット 

最初の出会いは、彼が高2で私が大学2年のときメイトジャズオーケストラジャズでした。

 

 

 

 

 

 

 ツーショット2 

エリックさんとはお会いするのは2回目です。初めて会ったのは神戸・松方ホールでアロージャズのコンサート後楽屋にお邪魔してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tp石川貴資とエリックさんのツーショット!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンポイント レッスンか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は全員で記念撮影です。いろんな話ができてとても楽しい時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2008年3月15日(土)たこたこライブ出演

たこライブの会場      

「漁師めし  新浜」の店内   

 3回目の出演のたこライブに大勢の皆さんにお越しいただきました。
明石駅南側に明石フェリー(通称:たこフェリー)乗り場があります。
その待合レストラン「漁師めし 新浜」で月1回第3土曜日に繰り広げられるジャズライブを明石名物「たこたこライブ」といいます。
3月はS.F.BIG BANDということで、新コンサートマスター石川貴資のもと新生 S.F.BIG BANDの演奏を楽しんでいただけたことと思います。

 

 

 新コンサートマスター                                              石川貴資の「マッカーサーパーク」

 

1ドリンク付き1200円・・・という気軽な値段設定がよかったのか、59人の入場者があり、実は満員で入れずに帰えられたお客様がいらっしゃったことをライブ終了後に聞きました。
この場を借りてせっかく足を運んでいただいたのに帰られたお客様には心よりお詫びいたします。
次回は6月15日(日)の神戸・三ノ宮「サテンドールライブ」がありますので是非そちらをご期待下さい。
お越しいただいたお客さんの顔ぶれを見るともちろんよく知っているがいらっしゃるのでこちらもついつい安心してしまいます!
そんな中にどう見ても高校生らしい数人が、凄く気になりました。
石川貴資のハイノートを聞くたびに「お~っ!」とか「すご!」など笑い声が聞こえる!
今の高校生はなんでも「驚き」を面白さにかえて表現しますね!「笑う」ということで・・。
今年からコンマスを石川貴資が勤めておりますが選曲にもメンバーからのリクエストを採用したり今までにない新鮮な気分でたこライブに望むことができました。
「ベイシー」「バンガード(サドメル)」「ファーガソン」「バディーリッチ」・・・とS.F.BIG BANDのカラーがよくわかる内容で楽しいライブが無事終了しました。

 

                                                                                        

演奏プログラム

1.Yagottatry(ヤガッタ・トライ)

2.In A Mellow Tone(イン・ナ・メロウ・トーン)

3.All My Yesterdays(オール・マイ・イェスターデイズ)

4.Caravan

5.(Vo)スワンダフル

6.(Vo)オーバー・ザ・レインボー

7.(ルンバ)エストレリータ

8.(スイング)フライ・ミー・トウ・ザ・ムーン

9.(チャチャチャ)チェリー・ピンク

10.(ワルツ)白い恋人たち

11.(Vo)コパカバーナ

12.(Vo)Sway(スウェイ)・・・キェンセラ

13.Mc cArthur Park(マッカーサー・パーク)

14.Frekle Face(フレックル・フェイス)

15.C JAM BLUES

16.Groove Merchant(グルーブ・マーチャント)

全体の構成は、前半インスト、ヴォーカル、ダンスナンバー、ヴォーカル、インストという構成で1時間半のステージを休憩なしで通すことでお客さんも、演奏者もテンションを下げることなく楽しめたのが大きかった。

最後までtpセクションもがんばってバテずに演奏できたことで自信になったと考えます。

ヴォーカルには久々に中島紫さんを迎えて和やかな雰囲気で終始楽しいコンサートになりました。

 たこライブにお越しいただきました皆様には心よりお礼申し上げますとともに今後もますますS.F.BIG BANDへのご声援をよろしくお願いいたします。

 S.F.BIG BANDバンドリーダー 藤原 祥二

 2007年11月23日(祝)S.F.BIG BAND結成10周年記念パーティー

この日は朝から西区共同募金チャリティーダンスパーティーのためバタバタしておりました。 11時に西区民センターに到着後、セッティング・・・リハ・・昼食!! パンとサンドイッチを用意していただき、コカコーラさんも協賛でドリンクをいただく! 毎年お招きを頂まして本当に感謝しております。 この昼食の時間を利用して、購入した譜面台の加工をしました。 ホワイトマーカーで「S.F.BIG BAND」のロゴを輪郭をなぞる作業でした。 この案は、アルトの「くぼにゃん」が提案してくれたんですが、これがすばらしくよりはっきり読みやすくなった。  13時のダンパ本番が始まり、3ステージまでしっかりお勤めをして、15時半から、先に片付けをはじめ今度は、グリーンヒルホテル明石に移動です。 S.F.BIG BAND結成10周年記念パーティー会場は16時半に到着し、準備です。 10周年幹事 佐々倉、 受付 山根・不動、 お菓子準備 久保・中谷、 ビデオ 中谷、   乾杯 石川、  閉会挨拶 竹田、   つり看板設置 竹田・今井、   会計 高橋・久保、   機材運搬 山下、そのほか譜面整理、会場準備に現役S.F.BIG BANDメンバーが一丸で取り組んでくれました。  メンバー協力していろんな仕事をしてくれるのでこんなに嬉しいことはありませんでした。   このS.F.BIG BAND10周年記念パーティーの趣旨は、現役メンバーとその家族、OBとその家族の方に集まっていただいて普段演奏するメンバーの姿を奥さん、旦那さん、子供たちに見てもらいS.F.BIG BANDを身近に感じてもらってS.F.BIG BANDへのより深い理解と協力をお願いし特に私は、妻や子供に「普段好き勝手に音楽をさせてもらっている」感謝のつもりでこの会を開催することにしました。 

 メンバー、OB、家族の方は特別優待価格で子供は全員無料!! これもS.F.BIG BAND10年間の積み立て金の成果でみなさんに有効に使えて満足です!! 来賓には、生涯学習センターサークル連盟代表幹事、飾森さん、元代表幹事 松島さん、西日本アマチュアビッグバンド連絡会理事長 港さんにも参加をいただきました。この場をお借りしてバンドを代表して御礼申し上げます。 そしていつもS.F.BIG BANDを応援してくださるセラフオーナーより花束を届けていただきました。                                                       

 私はメンバーがそれぞれ誰を呼んでいるのか、詳しい参加者まで把握しておりませんでしたので5時半の開場からドキドキして待っておりました。 やはり元メンバーが家族づれで来てくれると嬉しいものです。 ぽんぽこさん一家、Sakkyさん一家、吉田くん一家・・・藤本くん一家、小谷さん夫婦・・・多田くん一家・・・それに将来家族になる可能性がある??彼女も・・・。 残念なのは結成時のメンバーでtpの溝口くんが都合が悪く、アルト木田さんが体調不良のため欠席で残念でした。

 18時にパーティーがスタートしてtp石川貴資の乾杯で料理を食べながらの歓談でしたが、1人当たり5000円の料理と1500円の飲み放題でホテルにお願いしましたが出てくる料理が本当にすばらしく、「やっぱりホテルはいいな~!」とおそらく出席者のみなさんそう思ったことでしょう。

 お造り、お寿司、エビチリ、パスタ、唐揚げ、エビフライ、なんかのムース・・・、カレー、うどん、ラーメン、サーモン、ステーキ、魚料理、サラダ・・ケーキなどデザートまで、ホント食べ切れなくてたくさん残してしまいました。 私もあと一時間くらいゆっくり食べたい気持ちはあったのですがみなさんはもうすでにお腹いっぱい状態で大いに満足された様子でした。 スクリーンでは過去の映像を流しながら、大蔵海岸、明石市民会館、老人ホーム、淡路島での演奏を懐かしく思い出しておりました。  

 19時になりそろそろ演奏かな~。 ドラムはいきなりぽんぽこさん登場!! tp石川貴資の呼びかけでファーガソンの「Fireshaker」とで演奏の幕をあけました。 ホテルからも演奏に関しても理解ある返事をもらっていたので想い存分メンバーは吹いてましたね!

ホンマにこれでダブルヘッターか?というくらい音圧と勢いのある演奏でした。
石川貴資の凄まじいハイノートtpとtb川口順治のソロ、2曲目のバディーリッチの「Yagotta
try」では軽快な高橋千鶴のピアノイントロとテナー多田功と藤本浩のソロバトルは今後も楽しみ!
司会、佐々倉は興奮して「テナーは多田誠司??」と紹介、おいおいプロやんか~!
ここでメンバー入れ替えでテナーに小野遼、tb猪花祥雄、ドラムに佐々倉 渉が入り次の「Donna Lee」では、tb猪花祥雄、ts小野遼、as藤原 祥二、g今井政生、tb石川貴資でソロを回し、「It's
All right with me」はtbセクションフィチャーして大いに盛り上がる!

 

そしてここでまたまたドラム交代! 結成時のドラマー吉田周が「コーナーポケット」を叩き、テナーソロは藤本浩! そろそろヴォーカルが聞きたくなってきましたね。 そうですわがS.F.BIG BANDにもヴォーカルがいます。  

「歌う運送屋」池田美代の登場です!! 「シャイニーストッキングス」「ニアネスオブユー」2曲を熱唱してくれました。 そしてこの日はベースの妹といっしょに出席してくれた高砂高校OGのアルト久保聡美が「クインテッセンス」をみなさんに披露し、ベイシーの「Basie Straight Ahead」演奏後、メンバー紹介、OB紹介をした後、最後に「Straight No chaser」をやって演奏を締めました。

 

 

この時点で時計は20時20分で司会の佐々倉から「もうビンゴをする時間がないですね~」の言葉で急遽「じゃんけん大会」に変更して豪華景品をもって帰ってもらいました。 景品はこれだけではなくて子供さんにはお菓子の詰め合わせも1人ずつ渡してプレゼントする心遣いにみなさんも喜んでくれたことと思います。 そうそう私の妻の誕生日と重なり、ケーキまで買いに行ってお祝いしてくれてありがとうございました。(笑) 閉会の時間になり、サブリードtpであり、「S.F.BIG BANDのNo.2」という立場の竹田から閉会の挨拶をしてくれたその内容も印象に残るものでこれからのS.F.BIG BANDを考えることになるのでしょうかね。

 最後にS.F.BIG BAND結成10周年記念パーティーに出席いただいたOB、ご家族、現役メンバーの皆様と打ち合わせからお世話になり豪華料理を提供してくださったホテル関係者様そしてご祝儀をいただきました方々に厚く御礼を申し上げると共に今後ともS.F.BIG BANDをご支援賜りますようよろしくお願いいたします。 来年はどんどん神戸に行って演奏するぞ~!!

2007年10月21日(日)イオン・アイモール高砂ショッピングセンター2周年祭イべントと「ぐりーんぐらす」セッション

この日は朝から高砂でのピアノ高橋さんのユニットの演奏にオペレータとして入ることになりました。なんちゃって「オペレーター」ですから機材トラブルだけはないようにと準備を整えておりましたが、リハのときにモニターが急に鳴らなく焦りましたがコンセントが抜けただけで「ほっ」としました。本番では、大人の雰囲気を漂わせるバンドの演奏にみなさん釘付けでした。天気が良くて私も1曲だけ飛び入りをさせていただきましたが5分ほど吹いただけでもすごく暑かったですからバンドの方はかなり暑かったと思います。アンコールもあって1時間の演奏で本当にお疲れ様でした。

 

すごくバランスの取れたハイレベルな演奏で玄人好みのナンバーを堪能できる今後の活躍が楽しみなグループでした。

 

 

 最後にモリスさん本当にお世話になりありがとうございました。

この日はダブルヘッターで高砂で片付けをしたあと、セラフに機材を運び、「平木かよライブ」の準備をしたあとすぐに夜のライブ会場の稲美町「ぐりーんぐらす」に向いました。

18時半にお店に着いたら、メンバーもお客さんもそろっていてあわてて楽器を出し曲目を決めて19時からスタート・・・。この日は京阪神で活躍のベーシスト宗川氏とエバーグリーンオーケストラのテナー奏者の水澤氏が遊びに来て演奏に参加してくれました。(ピアノとドラム以外ならセッションに参加可能ですので是非どうぞ!)                              たこライブの常連さんがお客さんで来てくださったこともありいつも以上に楽しくアットホームなステージに私もメンバーも大満足でした。

演奏後はいつものペペロンチーノのほかに松茸の土瓶蒸しを堪能して店を後にしました。

10月14日(日)明石市生涯学習センター分室 みんなのまつり2007

 

メイトジャズオーケストラが13時からの演奏で、さすがに1月の定演に向けて曲の仕上がりもよく、素晴らしい演奏でした。各パートでバランスよくソロを回していたのが好印象でみなさん立派なソロワークを展開しておりました。

そして、14時30分からのS.F.BIGBANDの演奏はといえば・・、ジャズパの3年生2人を加えて演奏しましたが、昨年の同まつりでジャズパのデビューを思い出しました。演奏内容は、20日のイベント演奏に向けての調整のような演奏で初見同様(初見の人も何人か・・・)で、何とか無難に乗り切ったという感じの演奏だったでしょうか。何とか来週の淡路サービスエリアでの演奏は、いい演奏ができるように皆さんを信じたいです。

 

 この日のために新しく購入したトリパック(譜面台)のお披露目です。

 最後のA TRAINでは、ジャズパ3年生のtpソロと石川貴資のソロで締めました。

5月12日(土)神戸まつり Shall We Dance?

今年もS.F.BIG
BANDがダンス伴奏で参加しました。他のバンド(学生バンド)はビッグバンドの魅力たっぷりの曲で少し羨ましかったですし、また私自身も土曜日仕事のため途中からの参加でメンバーやスタッフの方にご迷惑をかけたのが心苦しかったです。

演奏は、S.F.BIG
BANDらしい気合いの入った、迫力ある演奏で参加されたお客さんも「踊りやすい」と好評でした。そして飛び入りでメイトジャズの高砂高校出身の女性アルトとtb、サーズディーナイトジャズオーケストラのテナーの方が参加してくれたので嬉しかったです。また機会があれば交流していきたいです。

対バンドには普段はS.F.BIG
BANDでテナーを吹いている小野遼&フレンズが努めてくれました。

2007年4月30日(祝)セラフアンコールライブ

私がJR朝霧駅イタリアン「セラフ」でライブに参加したときのメンバーです。松井さん、林さん、フジイさんを中心としたメンバーにママさんの提案により私と清水さんを入れて結成されたセラフバンドです。とにかく盛り上がるように林さんはじめみなさんが頑張ってくれます

 

2007年4月22日(日)稲美ふれあいまつりコスモホールコンサート

朝から今にも雨が降りそうな空模様の中、前日のホールリハも終えて万全の状態でコンサートに望みました。(結局、雨になりました。)

今年は稲美ふれあい祭りも20周年という事でS.F.BIG
BANDが母里小学校でのコンサートがご縁で出演させていただくことになりました。

まつり実行委員の皆様、役場の皆様本当にお世話になりありがとうございました。

今回はお客さんに出来るだけ分かり易い曲を提供しようとメンバーの竹田が考えて選曲してくれました。

(ご苦労様でした。)

これで8月5日のサテンライブ、バンド結成10周年パーティーに弾みがつけば嬉しいです。

2007年3月11日(日)春旬祭・明石春うららコンサート2007

前日からの雨で当日午前中まで天気が悪く、雪が降るなか準備をして何とか昼から見事に晴れました。ただ風が強く、譜面が飛ぶというとんでもないコンディションの中、高校生ビッグバンド「JAZZ
PARTY BIG BAND(略してジャズパ)」の2ndライブとS.F.BIG
BAND,メイトジャズオーケストラの演奏で大いに盛り上がったイベントでした。

お客さんのピークはおそらくジャズパの演奏時でしょう!!われわれS.F.BIG
BANDのメンバー石川貴資、猪花祥雄などが指導に行っていたのでどうしてもその演奏内容が気になるところでしたが前回の昨年秋の結成時よりもメンバーに高砂高校のみなさんがエキストラで入ってくれたのでサウンドが厚く、まとまった演奏になり格段に上手になっていた。

S.F.BIG BANDの演奏はといえば、勢いと迫力は皆様には伝わったと思います。ファーガソンのA TRAINを初演でやりましたがサックスソリとエンディングに今後の課題を残しましたね。

ブルーのウインドブレカーも今期最後の披露で次回は秋になりそうです。

2007年1月26日(金)セラフライブ

昨年S.F.BIG BANDがサテンドールライブの打ち上げをして以来、お世話になっているイタリアンのお店「セラフ」での初めてのライブでした。ヴォーカルはボン~!ボン~!ボン~!の林です。ベースは変態の元祖ベーシスト○井さん。ピアノは初共演でセラフのママのお友達でもある清水憲子さん。ドラムはガングロのジミーさんでした。

お客さんからは大好評で第2弾が4月30日(祝)で決定!!

 

 

 

 

 

2006年12月23日(祝)今年最後のぐりーんぐらすセッション

今年1年お世話になりました。

クリスマスと忘年会が一緒になったようなライブでしたね。



来年もみなさんよろしくお願いします!!

2006年12月10日(日)稲美町・母の里まちづくりの会「冬の里コンサート」

 

 

 

 曲目はみなさんご存知「IN THE
MOOD」サックス5人のハーモニーはやっぱり気持ちいいですね。石川貴資のTPソロもご機嫌でした。

2曲目はサドジョーンズの「morning
riverend」でテナー小野遼をフィーチャーリングしてたっぷり堪能して貰いました。

続いてベイシーの「マジックフリー」を迫力満点で最後まで勢い衰えることなく演奏できましたね。

この辺りでヴォーカルが聞きたくなる頃で、ヴォーカルのミッチェルを紹介します。

この冬のS.F.BIG BANDのヴォーカルをお願いしてます。

 1年前に初めて彼女の歌を聴いて、その後、たこライブに出演してもらったのですが、いつかビッグバンドでも共演できれば・・・と思っておりました。 ちょっとハスキーヴォイスの持ち主で、とってもチャーミングな上、S.F.BIG
BANDにはとても都合の良いことに朝霧に住んでいるおかげで声を掛けやすかった将来有望なジャズシンガーです。

 

その彼女が「IT'S ONLY A PAPER MOON」「POLKA DOTS AND MOONBEANS」「HOW HIGH THE
MOON」を熱唱してくれました。

素敵なヴォーカルをあとは、パーカーの「YARDBIRD
SUITE」でサックスと、トランペットのテーマの後、ギター今井政生、Tp石川貴資,ts小野遼のソロと続きサックスソリからトランペットセクションとの絡みで盛り上がっていく!

ここで皆さんの手拍子をお願いしてご存知「モリタート」!

テーマが始まるとお客さんのタンバリンなどの音と手拍子!!

 Tb猪花祥雄のソロに続きTP江口忠夫と石川貴資とのバトルで盛り上げてくれました。

1部最後は、「sing sing
sing」で、最後のドラムソロにリハではTP

ソロなしのはずだったのに石川さんが絡んできてくれました。

それでもエンディングにみんなが入ってくれて「ほっ」としました。

2部は出来るだけファミリー向けにポピュラーな構成にしましたが子供さんが少なかったかな??

でもそんな事は気にせず曲をやっちゃいます。

1曲目「チャタヌガチューチュー」に続き、2曲目は今年亡くなったファーガソンを偲んで「セサミストリートのテーマ」を演奏しましたが、いつもながら私(アルト)とTP石川貴資のテーマのピッチが良く合っていてホントに気持ちがいい!! 

3曲目、4曲目は会場に社交ダンスができる方がいれば・・・と思ってダンス曲をやってみる!

タンゴとルンバにつづいて、今回のコンサートのちょっとしたスプライズ!母里小学校の校歌をジャズワルツで演奏@今井政生アレンジ!!

さてお客さんの反応は・・・。

そんな事にも気を止めずに季節は冬、クリスマスです。

私はここで曲を間違えてヴォーカル「ミッチェル」を紹介してしまった・・。そこで「HAVE
YOURSELF~CHRISTMAS」を歌って「VOCAL CHRISTMAS DISCO
MEDLEY」をノリノリで熱唱!!

お客さんはタンバリンも叩いて参加!

最後はA TRAINで幕をとしました。

 

2006年11月5日(日)明石市生涯学習センター分室サークル連盟「第30回みんなんまつり2006」

JAZZ PARTY メンバーと当日公開リハで指導に付ききりだった石川貴資、今井政生、藤原祥二とのワンショット!!

 

 

今年のみんなのまつりは、「S.F.BIG BAND」と「JAZZ PARTY BIG
BAND」の演奏で幕を閉じました。みんな本当にいい子たちうばかりで一緒に作り上げた楽しい3週間でした。

11月3日に風邪を引きずりながらの5日のまつり当日でした。

この日は、「高校生ジャズ体験」というコーナーで1日だけの高校生のビッグバンドを結成して演奏させようと企画の最終日でした。

それまでに神戸新聞での募集広告、チラシ配りなどで10月18日の初練習に集まった11人、25日に2人増えて集まった13人!

これでこの高校生バンドのバンド名が「JAZZ
PARTY BIG BAND(略して「JAZPA」とする)」にきまり、バンドリーダーも西澤 舞子に決まる。

3回の練習と当日のリハで「TAKE
THE A TRAIN」「IN THE MOOD」を仕上げる目標でS.F.BIG BANDメンバーが完全指導、tb猪花さん、P高橋千鶴、G今井政生、SAX久保聡美、tp石川貴資、Dr笹倉歩で取り組む。

楽器はみんな上手いものでさすが吹奏楽経験者です。

それよりもジャズにするのが難しい!!

なかなか1回言ってもなかなかアーティキレーションが直らないのがおもしろいものでしたね。(笑)

12時10分からのプラカードコンテストでもJAZPAのネームプラカードが入選を果たし、13時から公開リハがあり石川貴資が最後の練習にムチを振るったのか振らないかったのか??

さあ、14時35分本番開始!!

お客さんは大入り満員で、期待の大きさを感じるなぁ。

その内容は素晴らしい演奏で大きな拍手で終わりました。

その後は、模範演奏ができるのか?というプレッシャーなど全然感じない勢いと迫力のそのスタイルを崩すことなくS.F.BIG
BANDがまつりを盛り上げる。

いきなり、「マジックフリー」で度肝を抜く!!

テナーソロは、もちろん小野遼!!

TPソロは石川貴資、薮内良治のバトルがうなりを見せつける。

時間がなくなり最後は、ルパン3世で終わっちゃいました。

写真は野外ステージでの本番演奏です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年7月9日(日)第8回サテンドール神戸定期ライブ
さてと、先日サテンドールライブを無事終了しました。
3時に集合でしたが、気の早いメンバー数人は、すべに到着しゆっくり寛いでいました。
リハも順調にこなして、リハの最後にサルサをやるのをやめた。
(本番ではじけたら面白いからと・・・)
この事があとでとんでもない結果になるんです。(笑)
5時15分にはリハ終了し、後は本番までゆっくり寛ぐ。
かえって疲れからか、眠気が襲う!!
もちろん予約状況も確認するが、この時点ですでに70人以上でした。
これにはある裏技があり、お客さんが予約をするようなサービスをつけたからです。(笑)
お店も予約段階でおおよその人数がわかり、準備もしやすいところが利点である。
6時くらいに最初のお客さんが入ってきて、7時の段階で90人くらいになったでしょうか??
かなりの満員です。
飛び込みのお客さんはすでにメンバー控えテーブルに雪崩れ込む!!

 さあ、開演です。
セサミのオープニングの後、5秒後に「マジックフリー」のカウントが入る!
「出来るだけ間をあけないように」という申し合わせがドラムからあったのでみんな構えていたにもかかわらず・・・(笑)
まぁ、そんなことはあまり気にせず、今までになくデインジャラスなテンポで進行しながらちょっとでワクワク面白かった

 

 

 

 

テナー小野遼のアグレッシブルなソロは聞いていて頼もしかったです。(^O^)



ぽんぽこさんのドラムフィルも軽快で、すばらしすぎて私は最後の方は入れませんでしたが、ブラスは入っていたのでこれまたすばらしい!!

最後はS.F.B.B.自慢の「勢い」で何とかなりました。ヽ(^ー^)ノ



2曲目はぽんぽこさんお気に入りの「when you are smiling」は、後半のダイナミックスが特徴の曲で全体にアンサンブルを中心にしたアレンジになっており、テーマ後は、S.F.B.Bが誇るトロンボーンの大佐田陽子のソロが冴え渡る・・・。

そして「fly me to the moon」ぽんぽこさんの軽快なフィルでtpのテーマで始まるが、その後のサックスのオブリガードがなかなか合わない!

ちょっとテンポに付いていけてないのか?私だけかも・・・。

サックスのテーマも吹けてるのか吹けてないのかわからない・・・(笑)。

でもみんなは頑張って付いていく、tp江口忠夫のピックアップソロ2コーラス!は、かっこいいアドリブソロを展開する。

その後私藤原の2コーラスソロ・・・・撃沈!!

ここまででかなりメンバーはエネルギーを消耗したと考えられる。まだ3曲やっただけですが・・・(^o^;?。

しかしここからガンガン行きますよ!・・と思ったらここからはヴォーカルでリラックスして楽しんでいただきましょう!(^O^)

ヴォーカルは我がバンドの歌姫! 中島 紫です。

 

今年はじめイギリスから取り寄せた譜面「SWAY」です。

6000円はしたかなぁ!

後半の高橋千鶴のピアノソロがいい「In a
sentimental mood」

ベイシーで有名な「シャイニーストッキングス」
このヴォーカル3曲とクインテッセンスが終わる頃には、我がバンドの誇るブラスセクションが息を吹き返すんです。(笑)

その「クインテッセンス」のアルトソロは、最近、状態の大変良い美品のマーク6ソプラノを手に入れた久保聡美!

くぼにゃん!!持ってるだけではもったいないので使って下さいね。(笑)

最近、今年になって譜面を配り、どこまで仕上がるか不安のあった「ヤードバード」言わずと知れたパーカーの曲です。

見せ場は、エンディングのサックスソリとトランペットセクションのエンディングのハイトーンユニゾン&ソリの絡み!!凄まじいものがあり、お互いが主張を戦かわえるようなエンディングでしたね。(笑)

さぁ、問題のサルサです。

あとでゆっくりみんなで聞いてみましょう。

私はまだこれだけは聞けてません!(怖い・・・)

始まりも大変、リラックスムードで楽しくいい感じで、サックスメロディも「まぁ、こんなものでしょう!」

と普段からテナーの吹き方にちゃんと合わそうとして合わない「アルト」!

しかし、事件はこの後で起こります。(笑)

2/4になってからここから、リズムは3-2(スリーツー)が2-3(ツースリー)に変わりました。

でもなぜか川口氏は3-2でリズムを取る・・・。

いや3-2でしか取れなかったのだ~!

会場の皆さんは、2-3におリズムでチャッチボールしながらリズム遊びのつもりが・・・。

訳がわからん!!

とりあえず3-2になってもたみたいです。

ここで、私の合図で、管が入ってくるのですが、カウントを2-3で出していいのか?

3-2で出していいのかがわからず、2-3で出したら無茶苦茶で後が入れなかった。

1stステージ終了!!

しばし休憩、お友達や自分が呼んだお客さんと歓談した。

話していたらすぐに2ステージの時間が・・・。

8時半から板付けで10分くらい待ったかな?

2ndステージはドラムがぽんぽこさんから笹倉歩に交替!!

ベイシーの「コーナーポケット」なんといっても、tpソロ北橋義隆!!

テナーソロ藤本浩、2人のすばらしいソロで華やかにはじまる。

次は「☆影のステラ」で、このあたりでtb川口順治が久しぶりにメンバーと再会している現実をテーマを取りながら確認!

前に会ったのは、遠い昔のように思います(笑)。

彼も仕事が忙しく、「ほとんど練習に・・・」ではなくて「全然練習に来てなかったなぁ~・・」でもちゃんと練習していてくれたみたいで無難にこなしながらステラを吹いてくれた。

私のお気に入り「its
oh so nice!」が終わりこのあたりでヴォーカルが聞きたくなってきたかな??

再び歌姫登場、中島 紫!!

「over the rainbow」につづき、「copacabana」を譜面のキーより全音高く演奏することになっていたが、指示もしっかり行き届いていたので上手くはまりましたね。

次の「I 'LL CLOSE MY EYES」は、最近はじめた曲の1曲ですね。

tp江口忠夫をフィーチャーしての終始落ち着いたミュートソロでした。

アンサンブルではなかなか癖のあるアーティキレーションに悩まされる日々でした。

もう残すところ、数曲になってきましたね。

今回のライブの曲で唯一のサドメルナンバーですが、最初デモを聞いて「えー、これできるかな??」とやり始めて2年は経っているでしょうか?今回がS.F.BIG BANDでは、初演です。

そんなサドメルらしいごちゃごちゃしたナンバーですが、やり始めると結構これが病みつきになってくる(笑)!

テーマはよく練習しましたね。

はっきり言ってテナーソロの曲でソロを立派にこなしたのはもちろん小野遼!!

すばらしく冴えに冴えたソロを展開!!

彼のこの1年の成長も頼もしいものがあります。

この調子でプロに一歩ずつ近づいてほしいです。

さぁ、最後はお待ちかねの「SIG SIG SIG」です。

テーマのあとのクラソロは、ソプラノサックスで中谷恭子が熱演!

その後は、またまた「お客さんと遊ぼう」のコーナーでtb、tpのリフを演奏に続いてお客さんにスキャットしてもらうことを強要した。(笑)

「これをちゃんとやらないと何回もやりますよ~」ってね。

お客さんも付いて歌ってくれるようになった。

最後はtp石川貴資のハイノート、フリーソロで締めくくる!

もうtp石川貴資とDr笹倉歩のバトル状態!!

行くとこまでいってから笹倉のフィルで譜面に戻る!

わー、上手くいった、いった!!

拍手拍手!!

アンコールに「モリタート」で会場の皆さんの手拍子に乗せられて終演です。

このときまでは、この後に起こる衝撃をまだ誰も知らなかった。

もちろん私もですわ。

楽器も片付け始め、お客さんにも挨拶しながら送り出し本当にたくさんのお客さんに来ていただけて嬉しかったです。

いつも私とギター今井さんと演奏している稲美町「ぐりーんぐらす」からマスター、従業員、お客さんで13名で駆けつけてくれた。

団長の崎山政雄と藤本浩に「・・・・・(笑)」・・・西神戸吹奏楽団の方々もたくさん来てくれました。

某キャタピラー関係者のみなさん、それに明石市生涯学習センター分室サークル連盟のみなさん、その他グループで個人でたくさんお越し頂きました。

楽器の積み込みも済んだころ、ぽんぽこさんから重大告白を受けました。

内容は今回のサテンドールでバンドを離れるということでした。

突然でしたが、とりあえずは、本人の家庭事情や環境は大切にしてもらいし、意思も尊重したいので受け入れられました。

よくよく考えれば丸8年、サテンライブの歴史がぽんぽこさんとの歴史でしたね。

私は26歳くらいからのロックバンド時代(別バンドです)からの付き合いですが、10年前はジャズバンドを組んで尼崎のライブスクエアーに出演したことを思い出します。

いまから考えると当時の曲は、ドナリー、スペイン・・・など私からすればとんでもない曲ばかりでした。(笑)

良くこんな曲ソロやっていたぁ。今では出来ん!!

ぽんぽこさんとS.F.BIG
BANDに入ったきっかけは、初代ドラマー吉田周が転勤のため、ぽんぽこさんが2代目ドラマーで再会しました。

そんなぽんぽこさんとS.F.BIG BAND との想い出はたくさんある。

驚異的なスピード感と勢いが要求される「ニカズドリーム」「ヤガッタトライ」「ウインドマシン」「ワーリーバード」「マジックフリー」・・・・。全部メッチャ早!!これらの曲は全てぽんぽこさんが叩いていた。

そのほか今回のサテンは、竹田さんの提案でメンバーに曲解説をさせるように役割分担を考えてくれました。

本当に良いライブになってよかった~!

メンバーが頑張って家族、親戚、友人に声掛けが行き渡った成果で最終的に97人の方にお越し頂きました。

本当に感謝いたします。

ご協力ありがとうございました。

最後にメンバー1人1人が曲解説を担当しましたので載せておきます。

1部(ドラムぽんぽこ、ヴォーカル中島 紫)



1.「マジックフリー」

オープニングにつづいお送りしたのは。「不思議なノミ」という曲です。

ベイシーのアルバムで名盤といわれるものは多くありますが、その名かでもこのマ

ジックフリーが入っているアルバム「Straight
Ahead
」はベイシーの色々なタイプ

のサウンドが楽しめるカタログ的な一枚だと思います。

われわれは、このアルバムを過去順番に演奏してまいりましたが、そろそろ終盤を迎

えようとしております。残す曲は本日演奏予定の「
.It's Oh So Nice」と「LonelyStreet」「That Warm Feeling」ですが、「Lonely Street」「That Warm Feeling」

はメイトが現在、もしくは過去にやっているのでもうやらないでしょう。

今回お送りしました「Magic Flea」の軽快なナンバーが気に入ったら、ほかに

『Basie Big Band』の「The Heat’s On」や『Atomic Basie』の「Whirly-Bird」を楽しむことが出来ると

思います。


2.「when you are smiling」

君微笑めば

君微笑めば

世の中みんな一緒に微笑む

君笑えば

君笑えば

太陽がさんさんと光り照らす

でも君が泣くと雨降りさ

だからため息はやめて

またハッピーな気持ちになろうよ

ずっと微笑んでいてよ

なぜって

君が微笑めば

世の中みんな一緒に微笑むのだから



次にお贈りするのは、そんな曲です


ニューオリンズっていうよりもいわゆるローリング20'sの名曲。
日本人なら誰でも山田耕作の「ふるさと」や滝廉太郎の「荒城の月」を知っているように、アメリカ人はこの曲をみんな知っています。
アメリカ版文部省唱歌とも言える曲で、どこか懐かしさを感じさせてくれます。
きっと、皆さまも一度は耳にした事があると思いますので、ゆったりとした気分でくつろぎながらお聴き下さい。
ではどうぞ音楽
君微笑めばでした
3.「fly me to the moon」 
アメリカとソ連のロケット開発競争によりこんなタイトルになったんだ、と思うのはあくまでも憶測かな・・・

もとの曲名は【イン・アザー・ワーズ】

しかし1960年代に突如吹き荒れたボサノバ・ブームに乗っかって改題されました♪

時代を照らし合わすとあながちロケットの影響がないとは言えない。

さぁ!飛ぶんだ!

月に向かって・・・♪

【フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン】

4「sway」映画「shall we dance?」
VO続いての曲目はスゥエイです。映画、シャルウィーダンス?で有名な曲です。
リズムに合わせて社交ダンスを踊っている姿を想像しながら聞いてみるというのも、一味違った楽しみ方かもしれませんね。

5「in a sentimental mood」VO
この曲はデューク更家が…もとい…デューク.エリントンが1935年に書いた名曲で、歌詞はデュークのマネージャーでもある、アーヴィング・ミルスがマニーカーツと共作しました。面白いことに、同年エリントン楽団、そして翌36年にはベニーグッドマン楽団のレコードがヒットしています。

今夜は、このセンチメンタルでファンタスティックな恋のバラードを私のボーカルでお届けいたします。

6「シャイニーストッキングス」 VO
ベイシー楽団のスター・プレイヤーだったフランク・フォスターが作曲した
ミディアム・バウンスの名曲で、ベイシー楽団のレパートリーとしてあまりにも有名なナンバー。

 歌詞は後からエラフィッツ・ジェラルドなどによってつけられ、女性の輝く脚美を謳っている。

7「クインテッセンス」
次の曲は、言わずと知れた、クインシージョーンズの名曲。

 いや~美しい曲に、すばらしいソリスト。

 久保聡美onアルトサックスをフューチャーしてお送りします。

 【クインテッセンス】です。どうぞ

8「ヤードバード」

チャーリー・パーカーには様々な謎が残されている。”ヤードバード”や”バード”という彼のあだ名についてもいろいろな説がある。

彼の好物がチキンだったことでバードというあだ名に、そしてパーカーはいつもクラブの庭(ヤード)にいて建物内のバンドの演奏を聴いていた、彼はまだ若かったのでクラブの中に入れなかった。だから外でサックスを持って練習していたのだ。バードがいつもヤードにいる。だから”ヤードバード”と名がついたとか。また、幼い彼のいとこが”チャーリー”とうまく発音できず、”ヤーリー”としか言うことができなかった。これが次第に、ヤール、ヤード、ヤードバード、バードと変化したのだとか...。

ところで、数年前、明石市にヤードバードというスタジオがあった。店長はもちろんサックス奏者!かと思いきや、中古のサックスを買って練習しているギター弾きだった。彼に聞けばヤードバードの名前の由来、わかるのかな?ねぇ今井さん!?

9「salsa caliente japon」

1990年に結成されたサルサバンド「オルケスタデラルス」の代表曲。前年ニューヨークでのサルサフェスティバルで演奏されている。デラルスは同年から世界中で注目を浴び、怒涛の快進撃を始めることになる。当時メインヴォーカルであった、ノラの作詞、パーカッショニストのオオギミゲンの作詞作曲。この曲は日本でサルサがあまり知られてない時代にもかかわらず、大ヒットをおさめた一曲である。

2部(ドラム笹倉、ヴォーカル中島 紫)

1.「コーナーポケット」

カウント・ベイシーの名曲。

2nd Stage最初の曲は、かわいらしいテーマと小粋なアレンジでお届けします。リラックスして聞いてください。

ところで、コーナーポケットって何でしょう?
ビリヤードの角のポケットのことでしょうか…

どことなく「終わり」を連想させる曲名ですが、SFビッグバンドのライブはまだまだこれからです。

2「星影のステラ」

300本以上の映画の美しい音楽を書いた作曲家、ビクター・ヤング作曲の映画音楽で、

1944年の映画「アン・イヴァイテッド」のために書かれたバラードです。

ジャズ演奏では、フランク・シナトラ(Vo)、スタン・ゲッツ(Ts)、キース・ジャレット(P)等がすばらしい演奏を残していますが、マイルス・デイビスのトランペットでの演奏が「極めつけ」と言われている名曲です。

3「it' oh so nice」
カウントベイシーの「ストレートアヘッド」

に入っているサミーネスティコアレンジの名曲。

サックスのアンサンブル、トロンボーンのソロ、

温かい曲想とベイシーサウンドならではのダイナミクス、

演奏していても、聴いていても大変ご機嫌になれるナンバーです。

4「over the rainbow」VO

ミュージカル「オズ゛の魔法使い」の中の曲です。

映画は1939年公開ですから67年も前のものですね。

主演はジュディ・ガーランド(きれいでしたね)とフランク・モーガン。

映画の中でジュディが唄って、その年のアカデミー主題歌賞を

獲得したという名曲です、ね。

E.Y.ハーバーグと、ハロルド・アレンの作詞・作曲です。

カンザス州に住むドロシーという女の子が竜巻にのって

夢の国をさまよい、いろいろなファンタジーに出会うという
子どもの心に帰らせてくれるいい映画でした。
5 Copacabana VO
6「I ll close my eyes 」
7「モーニングリバーエンド」
あまり耳馴染みのない方も多いかもしれませんが、サドメルのアルバムMONDAY NIGHTからの1曲。
なかなかなかった譜面がやっと手に入ったのでぜひやりたいと某メンバーが持ってきて早や2年。本日初めて皆さんにご披露します。
ベースの印象的なフレーズと、とても複雑なsaxのテーマをお聞きください。
8「シングシングシング」

映画スイングガールズでも有名になりました
スイング時代の代表作ともいえる名曲

リズミカルなドラム演奏にはじまり
踊りだしたくなるノリのよい1曲です

アンコール「モリタート」
この曲は バンドがダンスパーティでお世話になってる 森田さんと 一緒に
踊るってな事はなく。別名 『マックザナイフ』 そうマクドのバーガーはこのナイフで切ってって また違いました
我々年寄りには 懐かしい まだぽっちゃりしてた頃の弘田三枝子さんでお馴染みの曲です
2006年3月26日(日)「里の春コンサート」in 母里小学校体育館

このコンサートを主催されたのは「母の里まちづくりの会」の方で地域ぐるみで心のこもった温かいおもてなしを受けることになりました。

朝10時に体育館に集合するとすでに役員の方々、学校の先生が会場準備をされてました。

リハをはじめた途端に会場の残響にびっくり!お風呂で演奏している感じでしたが、カーテン締めてかなり音が聞きやすくなったかな。

お昼は近くの福祉会館で手作りちらし寿司、お吸い物、稲美町のいちごなどご馳走になってしまいました。

開演の13時前に会場にはいると130名くらいのお客さまが入ってました。
藤井会長の挨拶で始まりカウントベイシーの「ワーリーバード」でコンサートの幕を開けました。

「シングシングシング」では、お客さんとの掛け声で4バースをやってみたりとお客さんとのふれあいも交えながらの楽しいコンサートでした。
終演後は、片づけをそこそこにまたまた地元の役員さんのお世話で茶話会をやっていただき打ち上げ気分も味わえました。
5時頃から近くの居酒屋「ぐりーんぐらす」で打ち上げセッションができこちらも大盛り上がりでした。
料理では、たらの内臓キムチの「チャンジャ」を韓国海苔と食べたのが珍味でした。

2006年1月14日〔土)S.F.BIG BAND新年会

よくよく考えれば新年会は今までしてなかったが、昨年忘年会も出来てないので、幹事を新人北橋君に抜擢して場所決めから全て任せてみました。

さて新年会当日、場所は西明石「くら蔵」でたくさんのメンバーが集まって和やかな雰囲気で盛り上がりました。
2次会は駅前の魚民で12時まで飲んでました。これで今年も気分よく活動が出来そうです。

2005年11月26日(土)たこライブ!

たこフェリー乗り場の「たこたこ亭」で今年2回目のたこライブを無事終えました。
「無事終えた」というより「何とか乗り切った」という感じでしょうか?
リハも順調にとりあえずはヴォーカル中心にやって、今回はバランスを寄りよくすることを考えながらリハ最後までヴォーカルのマイクバランスが不安でしたが本番ではいいバランスで演奏できました。前回よりも管とリズム隊のバランスも良かったように感じました。

備万端で本番を待っておりましたが、「テナーの小野君が・・・・来ない!」しゃべりを長くしながら到着を待っておりましたがとうとう7時を過ぎてしまったので、1曲目をルイベルソンの「where did you go?」に変更!本当は「whirly bird」で景気よく始める予定でしたが・・・・。
数曲やったところで小野君到着!やっと全員揃いました。

お客さんは満員の49人で選曲はお客さんが喜びそうな「take the A train」「in the mood」「Misty」「sing sing sing」などスイング系と「Basie straight ahead」「whirly bird」「put it right here」「corner pocket」などのべイシーも・・・・。

さすがS.F.BIG BANDが誇れるソリストたちは頼もしい~!

今年入ったtp北橋義隆で~す!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも円熟したアドリブのtp石川貴資で~す!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S.F.B.Bの隠れたリードtp楞野美佳で~す!

 

 

 

 

 

 

 

今年入った頼もしいts小野遼で~す!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S.F.B.Bのスイングガールズas久保聡美で~す!

2005年10月30日(日)明石市生涯学習センター分室 みんなのまつり2005

今日は、「2005年みんなのまつり」で明石市生涯学習センター分室のサークル連盟主催

で1年に1回サークルの活動発表と市民サービスを兼ねて開催されます。

 

 今年はS.F.BIG BANDは初めて野外ステージに立って演奏しました。「チキン」「コーナーポケット」「クインテッセンス」「シングシングシング」「星に願いを」「TAKE THE A TRAIN」の6曲でした。お昼に行われた各サークルのプラカードコンテストで6位の賞を頂きました。本当にありがとうございました。メンバーの皆さん演奏に後片付けに本当にご苦労さまでした。